必要な書類一覧がわからない場合

必要な書類がわからない場合

自己破産の手続を行う場合は、債務者(申込人)が現在住んでいる住所地を管轄している裁判所に依頼しますが、必要書類でわからないことがあれば、管轄している裁判所の民事事件受付窓口や破産事件を担当している民事部の窓口で聞くとよいでしょう。

一般的には「必要な書類」で挙げた書類が必要ですが、裁判所によっては提携の破産手続き開始申立書や陳述書を用意していることもありますので、問い合わせてから書類に記載していきましょう。

各書類の書き方はコチラのサイト(別ウィンドウで開きます)をご利用下さい。


自己破産は自分でできます。